トヨタライン 山形 大石田 輸送 運送 トラック ラッピングトラック 特産品 販売


トップページ > 取り組み > プレスリリース(最新)

プレスリリース

※画像をクリックすると、拡大した記事や写真をご覧いただけます。

【トヨタラインニュース】 2018年05月02日
2018年合同入社式・新入社員研修
【夢を語り合い大きく羽ばたこう】
4月6日、山形ビッグウイングにおいて2018年度合同入社式が開かれました。
新入社員研修では(株)トヨタライン 齋藤和彦社長が「働くとは、生きるとは」をテーマに講義しました。
「自分を見つける(人と違う所を探す)。自分を創る(居場所を探す)。自分を活かす(活かすことで役割が出てくる)。今は役割を貰う準備期間です。大変なことがあっても、仕事は基本的に楽しいもの。学んで話をして笑顔で挨拶して欲しい」と語りました。
【トヨタラインニュース】 2018年04月23日
新約款で運賃交渉 -人集まる業界に-
「新約款(標準貨物自動車運送約款)を基準に、荷主交渉を行っている。丁寧に説明すれば、荷主も理解してくれる」トヨタラインの齋藤和彦社長はこう語る。
「人が集まるような会社、業界にしなければならない。それには、労働条件の改善や労働環境の整備が不可欠で、荷主の理解も必要。交渉は会社の利益を上げることではなく、全線高速道路を利用するなど荷重労働防止の形で、ドライバーに還元するもの。粘り強く交渉を続けたい」としている。
【トヨタラインニュース】 2018年04月23日
新ビジネスチャンスに -岐貨協連WebKIT説明会-
岐貨協連(堀部貞夫会長、岐阜梱包)は13日、岐阜市内で「WebKIT説明会」を開催。堀部会長のあいさつから始まった説明会はPR動画の上映に続いてWebKIT推進委員の齋藤和彦氏(トヨタライン代表取締役、山形県東根市)が「わが社のWebKIT活用事例」のテーマで講演。自身の体験や経験をもとにした内容はユーモアを挟みつつも丁寧に説明され、「デジタルとアナログの連動」「WebKITは運送業界の縮図」など印象的な言葉も交えながら、その有効性を的確に伝える講演となった。
※2018年4月23日の物流ニッポン、物流Weeklyに掲載されました。
【トヨタラインニュース】 2018年04月06日
新小学1年生に通学用帽子贈る
大石田町今宿に営業所がある運送会社トヨタライン(東根市)は5日、町内3校の小学1年生に事故防止(ぼうし)のための通学用帽子108個を寄贈した。
同社は社内での交通安全啓発を兼ね、町内の新小学1年生に帽子を贈り続けている。今年で18年目となり、通学班長や教職員分も含めた。
この日は齋藤和博会長が、町民交流センター虹のプラザを訪れ、教職員の前で布川元教育長に手渡した。
※2018年4月6日、16日の新聞にそれぞれ掲載されました。
【トヨタラインニュース】 2018年03月05日
輸送力拡大へ連携を
日本貨物運送協同組合連合会は2月23日、WebKIT事業参加協同組合による連絡会議と交流会を開いた。
事務局がWebKIT事業の経過報告と実施計画、次期システム開発の取り組み状況と今後の展望などを報告。
「協組を中心とする中継輸送の普及・実用化」をテーマに、東海林憲彦(萬運輸)、川北辰実(カワキタエクスプレス)、清水英次(清水運輸)、斎藤和彦(トヨタライン)の各氏によるパネルディスカッションが行われた。
【トヨタラインニュース】 2018年01月31日
ケニアの子の未来守る500足
ライオンズクラブ(LC)国際協会332-E地区は、はだしに付く寄生虫からケニアの子どもたちを守ろうと、対象となる県内56クラブに新中古靴の提供を呼び掛けて約500足を集めた。
靴は大石田今宿の運送会社倉庫に寄せられ、30日、事務局である大石田LC会員が第一便の約200足をケニアに向けて発送した。

トヨタラインではケニアの子供たちを救うプロジェクトをバックアップしています。一人でも多くの方に、届きますように。

▲ Page Top

物流経営士のいる会社
Q&A
お見積もり無料
いいべっす山形